【キャンプ場レビュー】富士見の丘オートキャンプ場

キャンプ場

2024年3月初旬、念願の『ふもとっぱらキャンプ場』デビューを目論むも、
やや天気がわるそう、ちょっと雪マークもある…
ビビってあえなく断念したのですが、あきらめきれず、ほかのキャンプ場を探しまくりました。

その際に見つけたのが静岡県富士市にある『富士見の丘オートキャンプ場』

今回は実際に行って感じたことをレビューしていきます!

富士見の丘オートキャンプ場

Google Mapsから

【ひとめでわかる】基本情報

富士見の丘オートキャンプ場
ホームページhttps://fujimicamp.jp/
住所〒417-0801 静岡県富士市大淵1297
オープン2021年1月
料金フリー:5,000円/区画:7,700円/他
チェックインフリー:11:00~/区画:12:00~
チェックアウトフリー:~11:00/区画:~12:00
予約https://reserva.be/fujimicamp
標高約380m
景色町並み(夜景)、富士山
サイト(水はけ)フリー:芝生(△)/区画:赤砂利(◎)
午後:海からの風/朝:山からの風
水場お湯あり
トイレ男女別、複数
特筆事項・富士山と夜景を楽しめる
・静岡の温暖な気候
・雪の心配がほとんどない
キャンセルフリーサイト/キャンセル料発生なし
区画サイト/14日前からキャンセル料発生
2024年3月時点

本キャンプ場の魅力

何と言っても景色が最高!

【日中の町並み】

【背には富士山】

【夜景もまた素晴らしい】

富士市の高台にあり、富士山と町並みに挟まれています

日中は富士山も町並みも眺めるもよし
夜は宝石のように輝く町並みが素晴らしい

景色が特に良いのは区画サイト

区画サイトとして、『100万だらぁサイト』と『50万だらぁサイト』があります。

特に景色がいいのは『100万だらぁサイト』です

丘の端にあたり、全部で10箇所あります。

富士見の丘オートキャンプ場:施設案内より

https://fujimicamp.jp/%e6%96%bd%e8%a8%ad%e6%a1%88%e5%86%85/

富士山を眺めるのであれば、サイト1~5あたりがおすすめかなと思います。
7〜10は横のサイトに利用者がいた場合、景色に被ってしまう恐れがあるためです。

加えて、町並みについても7~10はやや林が阻まれます。
景色の良さは、プレミアムだらぁサイトがあるだけあって、サイト1側に軍配が上がります。

以下はサイト4からの様子です。
サイト番号後半にかけて林の割合が増えていくイメージです。

安定した気候

もともとふもとっぱらに行こうと思っていたのですが、やや天気が崩れそうだったのと
最低気温にビビったのがきっかけでした。(3月8日〜9日)

ふもとっぱらは標高約830m
富士見の丘オートキャンプ場は標高約380m

この差からなのか、同日の気温が7~8℃も高い様子でした。

【ふもとっぱら】↓

【富士見の丘オートキャンプ場】↓

スタッフさんも「この地域はほとんど雪がふらない」とおっしゃられていました。

なので、冬キャンプを安全に、でも景色も楽しみたいという場合には
うってつけの場所なんじゃないかと思います!

お湯の出る水場や清潔なトイレ

2021年の新設のキャンプ場ということもあり、水回りが整っています。
受付のロッジの近くに水場とトイレがありますが、清潔にされていました。

注意事項

フリーサイトは水はけの悪い場所もある

こちらは撮影時刻16:30ごろですが、雨は朝8:00ごろにはあがっていました。

フリーサイトには泥っぽいところもあり、その部分の水はけはあまりよくないです

一方で区画サイト(100万だらぁサイト)の水はけはかなり良いです!
この日はサイト2,4,5に利用者がいました。

赤砂利が使用されていて、ぬかるみはまったくありませんでした!

また、フリーサイトでも区画サイトに近い方は、芝も多く、ぬかるみはありませんでした。

マップで示すとオレンジのあたりでしょうか。
フリーなので、土日は少々場所取りが大変かもしれません。

直火OKサイトは…

利用した時期(2024年3月)がたまたまだったのかもしれないのですが、
直火OKサイトは草が少々茂っており、あまり使われている形跡がないように感じました。

もしご利用を検討する際は、状況を運営に確認してからが良いかもしれません。

まとめ

2021年1月の新しいキャンプ場である『富士見の丘オートキャンプ場』

美しい街並みと、富士山、安定した気候など、良い条件が揃ったキャンプ場でした!
夏にはプールも運営するようなので、また行きたくなるキャンプ場でした!

タイトルとURLをコピーしました